家賃交渉サービス

HOME > 家賃交渉ドットコムとは?

家賃交渉ドットコムについて

経費削減は企業の必須課題です。企業活動は利益を生み出す活動と言っても過言ではないでしょう。1円のコスト削減は1円の利益につながります。 経費のなかでも特に賃料は人件費に次ぐ大きな固定費として毎月支出されます。
もし、その賃料を見直せるしたら、経営上どのようなメリットがあるでしょう?
実は、“もし”などではなく、法的根拠や条件を整え、きちんとした交渉をすれば賃料は削減できるのです。

当サイトでは、賃料改定・原状回復工事減額交渉・定期建物賃貸借契約の中途解約合意・資産除去債務の公正査定を軸に、お客様の経費削減に貢献するサービス内容を紹介しております。

サービス全体像

サービス全体像

賃料の改定

賃料削減率平均25.6%の実績。
不動産鑑定士による調査を行い、法的基準となる適正賃料を導きだし、賃料を下げる根拠を明確にします。

原状回復工事減額交渉

原状回復費用を賃貸人(ビルオーナー)の指定業者見積より平均40%減を目指します。
一級建築士・商業施設管理技士・建築設備士・一級電気工事施工管理技士・一級建築施工管理技士・宅地建物取引主任者などとプロジェクトチームを組み、見積りを適正なコストに見直し、低価格を実現します。

資産除去債務の公正査定

対象物件に抜けや漏れの無い網羅性を持った算定手法で、専門家、有資格者による調査、債務算定を行います。

【査定保証】
原状回復工事、その他債務につき、発注実績のコストを基準としております。
債務算定のコストが発注時のコストと金額の差異がある場合、当社で責任を持ち債務算定のコスト内で発注代行を実施します。

定期建物賃貸借契約の中途解約合意

定期建物賃貸借契約は、通常の賃貸借契約より借主様(テナント)へ優位性のある契約内容で合意してもらえるメリットはありますが、デメリットとしては一定の期間は解約が出来ない事です。 万が一、借主様(テナント)の業績不振により、中途解約の申し入れを行った場合には、契約期間内の残額賃料の支払い義務が発生します。 その際に、当社が行う主なサービスは以下の様になります。

【賃料改定】
残額賃料の支払いを抑える為に、現賃料を適正賃料まで削減します。

【原状回復工事減額交渉】
期間満了に伴う、原状回復工事の見積り査定を行い、工事費用の減額をします。

【仲介業務】
自社の退去が決定した時点から、次テナントの誘致を早急に対応し、移転先の賃料と残額賃料のダブル支払いを防ぎます。

ウェブからのお問合せ

実績紹介

ページの先頭へ